読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

try! Swift Tokyo 2017 day1 参加レポート

www.tryswift.co

先日、上記イベントに参加させて頂きました。その1日目のレポートになります。

各セッションの詳細は後日realmからアップ予定の動画や、niwatakoさんの聞き起こし一覧にお任せして、
本記事では各セッションの内容を簡単に紹介します。

10:00 - Swift開発者が知りたかったけど聞きにくい機械学習のすべて

10:20 - Swift on Android

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • SwiftでAndroid開発をする話でした。
  • ほとんどがCとC++の話で詳細は理解できずに、難しいことだけわかりました。
  • Android NDKも関係してくるのですが、こいつはお粗末な実装になっていてGoogleのサポートも弱いそうです。

11:40 - SwiftのPointy Bits

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • SwiftのメモリとSwiftでPointerを使う話。
  • あまり使う機会がなく詳しくないのですが、非常にわかりやすくま止まっていたと思います。

12:05 - アプリを新次元に導く3D Touch

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • 3D Touchで実現できる事とその実装に関する発表でした。
  • 3D Touchはユーザに気が付かれにくく、実装しないことが多いと思いますが、3日目におこなられたハッカソンで優勝したチーム(1人チーム)は3D Touchをフルに使ったアプリを開発していました。

12:30 - Pixcels、プロセスと情熱

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • 情熱を持ってプロダクト開発に取り組むアプリをリリースした話でした。
  • 「大変なのは技術ではなく人」というフレーズが印象的でした。
  • Swiftと関係ない発表でした。

14:30 - 毎日リアクティブ

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • Swiftでリアクティブの話というよりは、リアクティブの話をSwiftのサンプルコードを使って紹介するという感じでした。
  • なので、Swiftではこうやるみたいな話はありませんでした。
  • 発表者はUstreamのエンジニアで、リアクティブライブラリは何を使っているかという質問にたいして、自社で開発したライブラリを使っていると言っていました。

14:55 - ⚡️🎤 Unsafe Swiftの安全性

15:05 - クックパッドアプリのテストを味わう

15:25 - ⚡️🎤 データレイヤを分離する

15:35 - UIをSwiftyに書く

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • UIの実装に限った話ではなく、WebAPIを叩いて表示するシンプルなアプリをSwiftyに書く発表でした。
  • enumやprotocolの強力な面を紹介していました。

16:30 - SwiftのWeb APIとアプリをともに構築する

16:50 - ⚡️🎤 楽しく便利なSwiftチャットボット

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • LINEのエンジニアによるチャットボットに関する発表でした。
  • UIが改善されればもっと良いものになると言っていました。(今後に期待!?)
  • Swiftと関係ない発表でした。

17:05 - Realmを使ってコラボレーションアプリを作る

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • お絵かきアプリ(?)をRealm Mobile Platformを使って実装する発表でした。
  • Swiftの発表というよりはRealmの発表でした。

17:30 - 独自のツールを構築する

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • SwiftをやめてReact Nativeでアプリを開発した話でした。
  • Swiftのメリット・デメリット程度の話はありましたが、React Nativeメインの発表でした。

18:00 - ⚡️🎤 リアルタイム物体検出アプリでよりよいフィードバックを提供する

  • niwatakoさんの聞き起こし
  • Wantedly Peopleの複数名詞を読み取る機能を実装した際に得た画像処理に関するナレッジを紹介していたLTでした。

18:10 - ⚡️🎤 UXエンジニアという働き方